So-net無料ブログ作成
検索選択
riek's playlist ブログトップ

"Hallelujah" -Rufus Wainwright- [riek's playlist]

今回取り上げるのはRufus Wainwright/ルーファス・ウェインライトの「Hallelujah/ハレルヤ」。ルーファスはアメリカ出身のシンガーソングライターで、ピアノを得意としています。私自身は彼の声がそこまで好みではなく、熱心なリスナーとはいえないのですが、ある動画のBGMで使われていたこの曲をとても気に入ってしまい、今もよく聞いているのです。元々この曲はレオナード・コーエンというカナダ出身のシンガーソングライターが書いた曲で、ルーファス他多くのアーティストにカバーされています。ルーファスのカバーは映画『シュレック』に提供されたものなので、それで知っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

前置きが長くなりました。ではまず曲をどうぞ。
Rufus Wainwright - Hallelujah


はかなく美しく、物悲しいですね。以下日本語訳(拙訳)です。英語歌詞はネットの歌詞サイトを参考にし、独自に聞き取りました。

---------------------------
Hallelujah -Rufus Wainwright

I've heard there was a secret chord
that David played and it pleased the Lord
But you don't really care for music do you
It goes like this:
The forth, the fifth, the minor fall and the major lift
The baffled king composing Hallelujah

秘密の和音があるって聞いたことがある
ダビデが奏でて神を喜ばせたってな
でも神様よ、おまえさんにはどうでもいいんだろ
こんな感じか
4度、5度、短調が終わると長調が浮かぶ
困った王が作った曲、それが「主をほめたたえよ」

Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah

ハレルヤ、ハレルヤ
ハレルヤ、ハレルヤ

Your faith was strong but you needed proof
You saw her bathing on the roof
Her beauty and the moonlight overthrew you
She tied you to her kitchen chair
She broke your throne and she cut your hair
And from your lips she drew the Hallelujah

あんたの信仰は深く でも証が必要だった
あんたはあの子が屋上で水浴びをするのを見て
あの子の美しさと月明かりに心を震わせた
あの子はあんたを椅子にしばりつけ
王座を壊し あんたの髪を切り捨てた
そしてあんたの口から ハレルヤを引き出した

Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah

ハレルヤ、ハレルヤ
ハレルヤ、ハレルヤ

Maybe I have been here before
I know this room and I've walked this floor
I used to live alone before I knew you
I've seen your flag on a marble arch
Love is not a victory march
It's a cold and it's a broken Hallelujah

そういえばここに住んでたことがある
この部屋を知ってる、この階も昔歩いた
おまえと出会う前は一人で暮らしてたんだよ
大理石の門におまえの旗がたっている
愛は決して凱旋パレードじゃない
冷たく壊れたハレルヤなんだ

Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah

ハレルヤ、ハレルヤ
ハレルヤ、ハレルヤ

There was a time you'd let me know
What's real and going on below
But now you never show it to me do you?
And remember when I moved in you
The holy dark was moving too
And every breath we drew was hallelujah

以前は何が起こっているのか
俺に話してくれたのに
今は何も言わなくなっちまった
俺と暮らし始めた時のことを思い出せよ
聖なる闇が消えなかったこともな
俺たちが紡いだのはハレルヤだけ

Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah

ハレルヤ、ハレルヤ
ハレルヤ、ハレルヤ

Maybe there's a God above
And all I ever learned from love
Was how to shoot at someone who outdrew you
It's not a cry you can hear at night
It's not somebody who's seen the light
It's a cold and it's a broken hallelujah

ひょっとしたら神はいるのかも
でも俺が愛から学んだことといえば
先に銃を抜いて、お前に向けた奴を撃つ事だけ
夜中に聞こえるのは泣き声じゃない
輝きを見た誰かの声でもない
それは冷たく 壊れ果てたハレルヤ

Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah
Hallelujah, Hallelujah

ハレルヤ、ハレルヤ
ハレルヤ、ハレルヤ
ハレルヤ、ハレルヤ
ハレルヤ、ハレルヤ
--------------

2番の歌詞に出てくる「あの子」、突然にバイオレントなのですが(笑)。ちょっとややこしいのですが、1番と2番の歌詞は旧約聖書のダビデ王とサムソンとデリラの話をベースにしているようです。詳しく知りたい方は検索してみてください。3番以降は別の話なのですが、神のことも重ねてダブルミーニングにしている風でもあるようです。私の訳はそこまで突っ込んでいません。言葉遣いですが、いつもなら歌い手をイメージしながら書くのですが、今回は初めて聞いた時(つまり歌い手がルーファスとは知らない時)のイメージに合わせてみました。「Love is not a victory march It's a cold and it's a broken Hallelujah/愛は決して凱旋パレードじゃない 冷たく壊れたハレルヤなんだ」-この部分がいつでも私の琴線に触れるのです。

Vibrate: the Best of Rufus Wainwrightクリックするとアマゾンの商品紹介ページに飛びます)

itunes - music Hallelujah - Single ルーファス・ウェインライト

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

"Falling Down" -Oasis- [riek's playlist]

前回Noel Gallagher/ノエル・ギャラガーの曲を取り上げましたが、今回は彼が在籍していたバンドOasis/オアシスの曲「Falling Down」をご紹介します。アルバム『Dig Out Your Soul/ディグ・アウト・ユア・ソウル』に収録されている曲です。Oasisはメインのソングライターがノエルで、メイン・ボーカルは弟のリアム・ギャラガーなのですが、この曲はノエルが歌っています。ちょっとつかみどころがない歌詞ですが、サビの部分にはとても感銘を受けました。メランコリックなメロディとアレンジも大好きです。ではまず曲をどうぞ。

Oasis - Falling Down (Official Video)


…初めてこのPV観た時は「イギリスすげえなぁ。」とびっくりしましたが、これを観ていたせいか『シャーロック』の「ベルグレービアの醜聞」の王室ネタにはまったく驚きませんでした(笑)。

以下日本語訳(拙訳)です。英文はCDの歌詞カードをベースに、独自に聞き取りました。

---------------------------
Falling Down by Oasis

The summer sun that blows my mind
Is fallin' down on all that I've ever known
In time we'll kiss the world goodbye
Fallin' down on all that I've ever known...
Is all that I've ever known

俺の心さえ吹き飛ばすような
夏の日差しが降りそそぐ 俺が知るものすべての上に
世界にさよならのキスをするとき
俺が知るものすべての上に降りそそぐ
俺にわかるのはそれだけ

A dying scream makes no sound
Callin' out to all that have ever known
Here am I, lost and found...
Callin' out to all

死に際の叫びは音もなく
俺が知るものすべてに呼びかける
俺はここだよ、遺失物取扱所にいるんだ
みんなに呼びかけながら

We live a dying dream...
If you know what I mean...
It's all that I've ever known...
It's all that I've ever known

俺たちは死の夢の中で生きている
言ってることわかるかな
俺が知っているのはそれだけ
俺が知っているのはそれだけ

Catch the wheel that breaks a butterfly
I cry the rain that fills the ocean wide
I tried to talk with God to no avail
I called him up in-and-out of nowhere
I said if you won't save me
Please don't waste my time

無駄な努力はやめておけ
俺は泣いたよ、涙が海を満たすほどに
神様と話そうとしたけどダメだった
呼びかけたけどどこにもいやしない
だから言ったんだ、俺を救う気がないなら
無駄な時間を使わせるなって

Is all that I've ever known
Is all that I've ever known

俺にわかるのはそれだけ
俺にわかるのはそれだけ

Catch the wheel that breaks a butterfly
Cry the rain that fills the ocean wide
I tried to talk with God to no avail
I called him up in-and-out of nowhere
I said if you won't save me
Please don't waste my time

無駄な努力はやめておけ
俺は泣いたよ、涙が海を満たすほどに
神様と話そうとしたけどダメだった
呼びかけたけどどこにもいやしない
だから言ったんだ、俺を救う気がないなら
無駄な時間を使わせるなって

The summer sun that blows my mind
Is fallin' down on all that I've ever known
In time we'll kiss the world goodbye
Fallin' down on all that I've ever known...
Is all that I've ever known

俺の心さえ吹き飛ばすような
夏の日差しが降り注ぐ 俺が知るものすべての上に
世界にさよならのキスをするとき
俺が知るものすべての上に降り注ぐ
俺にわかるのはそれだけ

--------------

サビの部分の「I tried to talk with God to no avail~」以下って、神を信じて祈ったけど報われなかった人が一度は共感するのでは?と思うほど素晴らしいと思います。口に出す人は少ないだろうけど、だからこそ、歌われる価値があるんじゃないでしょうか。メロディに絡むストリングスのアレンジも安定の出来で、あまたあるオアシスの曲の中でも大好きな曲です。まぁ私はノエルボーカルの曲はすべて愛しているのですが(笑)。

iTunes - ミュージック - オアシス「Dig Out Your Soul」
Dig Out Your Soul


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"AKA...Broken Arrow" -Noel Gallagher- [riek's playlist]

最近またノエル・ギャラガーのソロ曲を聴いているのですが、そう言えばMy playlistでとりあげたことがなかった…という訳で、今日はNoel Gallagher/ノエル・ギャラガーの曲から「Aka...Broken Arrow/Aka...ブローク・アロー」をご紹介します。ノエル・ギャラガーはイギリスが生んだモンスターバンド・oasis/オアシスのソングライタ兼ギタリスト兼シンガーとして有名ですが、オアシス解散後はソロ活動をしています。1stソロアルバム「Noel Gallagher's High Flying Birds/ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ」は大変素晴らしいアルバムで、かなりのヒットを記録しました。私はもうオアシスはいいからソロでやってよ、とずっと思っていたほど本当に本当にノエルの曲と歌を愛しているので、このアルバムも珠玉の一枚となっています。その中でもこの曲はヘビロテで、美しいメロディと温かみのある声に癒されます。ではまず音源をどうぞ。

Noel Gallagher - AKA... Broken Arrow


以下日本語訳(拙訳)です。英文はCDの歌詞カードをベースに、独自に聞き取りました。

---------------------------
AKA...Broken Arrow by Noel Gallagher

Fallen angel with a broken arrow
She come for me and ease my troubled mind
Shine a light out into the shadows
Of a world they made me leave behind

折れた矢を抱えて 墜ちてきた天使
俺のところにやってきて 傷ついた心を癒してくれた
光を照らしてくれ
俺を置き去りにした世界の闇を払うように

Leave me peace I'm on the side of the angels
If I die in a dream then let me live my life
But all the lies that they have told me
Make me wanna shiver
When I'm lost and I'm lonely
That's not gonna ease my troubled mind

そっとしておいてくれ、俺は正しいことをしているんだ
夢の中で死ぬんだとしたら せめて俺の人生を生きさせてくれ
奴らが俺に言ったことはすべて嘘、 俺を震わせたいだけ
自分を見失い 孤独のふちにいるときに
そんなものは俺の傷ついた心を癒しはしない

She roll in over a misty morning
Set the sails for where the four winds blow
She is the siren and I am the warning
Here to say I never told you so

彼女は駆け抜けてゆく 朝靄の中を
そして帆をかかげる 4つの風が吹く場所に向かって
彼女は警笛 俺は戒め
こんな風に言うのは初めてだ

Leave me peace I'm on the side of the angels
If I die in my dream then let me live my life
But all lies that they have told me
Make me want to shiver
When I'm lost and I'm lonely
That's not gonna ease my troubled mind

今は休ませてくれ、 俺は正しいことをしているんだ
夢の中で死ぬんだから せめて俺の好きにさせてくれ
奴らが俺に言ったことはすべて嘘、 俺を震わせたいだけ
自分を見失い 孤独のふちにいるときに
そんなものは何の役にもたちやしない

Leave me peace I'm all alone with my angel
She died in a dream so I could live my life
But all the lies that they have told me
They make me want to shiver
When I'm lost and I'm lonely
That's not gonna ease my troubled mind
That's not gonna ease my troubled mind

そっとしておいてくれ、今は俺だけの天使と一緒にいるんだ
彼女が夢の中で死んだから 俺は自分の人生を生きられる
奴らが俺に言ったことはすべて嘘、 俺を震わせたいだけ
自分を見失い 孤独のふちにいるときに
そんなものは何の役にもたちやしない
そんなものは俺の傷ついた心を癒しはしない

Fallen angel with a broken arrow
She come for me and eased my troubled mind
Shine a light out into the shadows
Of the world they made me leave behind

折れた矢を抱えて 墜ちてきた天使
俺のところにたどりついて 傷ついた心を癒してくれた
光を照らしてくれ
俺を置き去りにした世界の闇を払うように
--------------

ううう、サビも間奏のメロディも完璧。もう歌詞も最高ですね。私にとって「堕ちてきた天使」は、ノエル・ギャラガー、あなたなのですよ。唯一あなたの歌だけが、私の孤独によりそってくれました。どこまでも追っかけさせてください。

iTunes - ミュージック - Noel Gallagher's High Flying Birds

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"Somebody Told Me" -The Killers- [riek's playlist]

今日は10月7日から日本公演を行うThe Killers(殺し屋!(笑))の「Somebody Told Me」を取り上げます。アメリカはラスベガスの出身で、キーボードやシンセをちょっとチープに使った音が特徴。メロディがきれいで、サビになるとどの曲もすごく盛り上がります。「Somebody Told Me」は2004年に発売されたファースト・アルバム『Hot Fuss/ホットファス』に収録された曲で、代表曲の一つです。ではYoutude音源をどうぞ。

The Killers - Somebody Told Me

聴いていると自然に口ずさんでしまいます。ああ、歌いたい、歌いたい。以下日本語訳(拙訳)です。
---------------------------
Somebody Told Me by The Killers

Breaking my back just to know your name
Seventeen tracks and I've had it with this game
I'm breaking my back just to know your name
But heaven ain't close in a place like this
Anything goes but don't blink you might miss

お前の名前を知るために どれだけ苦労したか
17曲だよ、もうゲームにはうんざりだ
お前の名前を知りたくて 苦労したぜ
でもここは天国には遠すぎる
何でもあるけど まばたきしたら見失う

Cause heaven ain't close in a place like this
I said heaven ain't close in a place like this
Bring it back down, bring it back down tonight
Never thought I'd let a rumor ruin my moonlight

なぜって、ここは天国には遠すぎる
言ったろ、天国には遠すぎるんだよ
戻す、今夜こそ戻してやる
こんな噂がオレの月あかりを台無しにするとはな

Well somebody told me
You had a boyfriend
Who looked like a girlfriend
That I had in February of last year
It's not confidential
I've got potential

そう、誰かが言ってた
おまえに彼氏がいたってな
去年の2月にオレがつきあってた女に似てるって
秘密じゃないだろ
オレだってそう悪くはない

Ready? Let's roll onto something new
Taking its toll and I'm leaving without you
Cause heaven ain't close in a place like this

いいか?新しいこと始めようぜ
めちゃくちゃにして オレはお前をおいていく
なぜって ここは天国には遠すぎるからさ

I said heaven ain't close in a place like this
Bring it back down, bring it back down tonight
Never thought I'd let a rumor ruin my moonlight

言ったろ、ここは天国には遠すぎるって
戻す、今夜こそ戻してやる
こんな噂がオレの月あかりを台無しにするとはな

Well somebody told me
You had a boyfriend
Who looked like a girlfriend
That I had in February of last year
It's not confidential
I've got potential
A rushin', a rushin' around

そう、誰かが言ってた
おまえに彼氏がいたってな
去年の2月にオレがつきあってた女に似てるって
秘密なんかじゃない
オレだってそう悪くないぜ
急げ、急ぐんだ

Pace yourself for me
I said maybe baby please
But I just don't know now
When all I wanna do is try

ちょっと待ってくれ
多分って言ってるだろ、頼むよベイビー
でも今はよくわからない
試してみたいけど、今がその時か

[x3]
Somebody told me
You had a boyfriend
Who looked like a girlfriend
That I had in February of last year
It's not confidential
I've got potential
A rushin', a rushin' around

誰かが言ってた
おまえに彼氏がいたってな
去年の2月にオレがつきあってた女に似てるって
秘密なんかじゃない
オレだってそう悪くはない
急げ、急ぐんだ
--------------

17 tracksが案外難しかった…多分違うかもしれません。すいません。この曲は歌詞より、曲の盛り上がりを楽しむ曲ですね、私にとっては。来日公演、楽しみにしています。

itunes プレビュー Hot Fuss The Killers

Hot Fuss(クリックするとアマゾンの商品紹介ページに飛びます)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"Elstree" -The Buggles- [riek's playlist]

今日はThe Buggles/ザ・バグルスの曲、「Elstree/思い出のエルストリー」をご紹介します。ザ・バグルスと言えば、1979年に発売された「Radio Kills Radio Star/ラジオ・スターの悲劇」。大ヒットした曲なので、どこかでお聴きになったことがある方も多いと思います。その後もシングルが何枚か発売され、この「Elstree/思い出のエルストリー」もその1つです。あまりヒットしなかったようなのですが、哀愁のあるメロディと歌詞が私のツボでお気に入りの一つです。『The Age of Plastic/ラジオ・スターの悲劇』というアルバムに収録されています。では音源をどうぞ。

Buggles, The - Elstree (1980) - ISLAND


ああ、なんてきれいでかわいらしい曲なんでしょう。以下日本語訳(拙訳)です。【5/29/2016】加筆修正しました。

---------------------------
Elstree by The Buggles

Action!
アクション!

I had a dream on a back lot
And saw my life like a long shot
Of smiling faces in a picture parade
Of all the stills from the films that you made
That we would see in the Essoldo
After drinking coffee at La Giocondo

撮影スタジオにいる夢を見た
僕の人生をロングショットで見つめたよ
笑顔ばかりのパレード写真に
君が撮った映画のスチール
映画を観るのはエソルド座
行く前にLa Giocondoでコーヒー飲んでさ

Elstree, remember me
I had a part in a B movie
I played a man from history
Elstree, look at me
Now I work for the BBC
Life is not what it used to be

エルストリー 僕を忘れないで
映画に出たことがあるんだよ B級だったけど
歴史上の人物を演じたんだ
エルストリー 僕をごらんよ
今はBBCで働いてる
人生はすっかり変ってしまった

I took no dives in the fight scene
I had a stuntman keep my suit clean
There's no technology to fake up a song
They stop the orchestra if you get it wrong

戦闘シーンで飛び込むことはなかった
スタントがいたから、服はきれいなままさ
曲をごまかす技術はないから
NGだすとオーケストラまで止まったもんさ

Elstree, remember me
I had a part in a B movie
I played a man from history
Elstree, now look at me
Now I work for the BBC
Life is not what it used to be

Elstree

エルストリー、僕を忘れないで
映画に出たことがあるんだよ B級だったけど
歴史上の人物を演じたんだ
エルストリー、僕をごらんよ
今はBBCで働いてる
人生はすっかり変ってしまった

エルストリー

They made a field into a war zone
I beat the enemy on my own
All the bullets just went over my head
There's no reality and no one dead in

彼らはあたりを戦場に変えて
僕は自分自身の敵をやっつけた
銃弾は全部僕の頭を飛び越えてった
リアリティないよね、ここでは誰も死なないんだもの

Elstree, remember me
I had a part in a B movie
I played a man from history

エルストリー、僕を忘れないで
映画に出たことがあるんだよ B級だったけど
歴史上の人物を演じたんだ

Elstree
Elstree
Elstree
Elstree
Elstree

エルストリー
エルストリー
エルストリー
エルストリー
エルストリー

Cut!

カット!
--------------

*"Elstree"=イギリス東部の村の名前。Elstreeにはその名前を冠した有名な撮影スタジオ(Elstree Studio)があり、ここではそちらの意で訳しました。
*"the Essoldo"=イギリスで昔はやった映画館の名前
*"La Giocondo"=モナ・リザの意。ただし、ここではカフェの名前らしいので、訳さずそのまま使いました。

昔自分が役者をやっていたころを振り返り、"Elstree"に「僕を忘れないで」と呼びかける。その心情が切ないですね。ううう。こういう「夢が破れてしまった」話に、私はとても弱いのです…。出だしに"Action"、終わりに"Cut"、"Cut"の直前に馬が駆け抜ける音を入れるあたり、映画への深い愛を感じます。

【5/29/2016追記】この曲、PVあったんですね!歌詞と合わせてご覧いただくと、さらに理解が深まりそうです。



itunes プレビュー The Age of Plastic バグルス

THE AGE OF PLASTICクリックするとアマゾンの商品紹介ページに飛びます)

nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

"Rent" - Pet Shop Boys- [riek's playlist]

いよいよ明日はソニックマニア。サマーソニックの前夜祭的位置づけのイベントで、オールナイトです。今年は私が何年も待ち続けたストーン・ローゼズが出演するので、初めて参戦します。でもローゼズの他にもう一つ好きなデュオが出演します…それがペットショップ・ボーイズです!

結成から30年が過ぎていますが、今も現役バリバリのポップ・デュオ。多少方向性が変わっても、踊れるディスコ・チューンを追求する姿勢は一貫しています。ローゼズに備えてペット・ショップ・ボーイズは落ち着いて観ようかと思ったりもしましたが、復習していたらそれは不可能だということに気づきました(汗)メリハリつけて楽しまなくてはいけませんね。

さて、せっかくですからお気に入りの一曲「Rent/レント」を紹介します。セカンド・アルバム『Actually/アクチュアリー』に収録されている曲で、かなり哀愁入ってますが、とにかく好きなんです。うっかり聴くと、もう何度でもリピートしてしまいます。クリス・ロウが書くメロディも、ニール・テナントのボーカルも、歌詞も、すべてが切なく美しいのです。ではまず音源を。

Pet Shop Boys - Rent


ニール(タクシーの運ちゃん)がかわいいねぇ…。以下日本語訳(拙訳)です。

---------------------------
Rent by Pet Shop Boys

(Again... Again... Again... Ooooh
(Again... Again... Again... Again... ...)

(何度でも...何度でも...何度でも...
何度でも...何度でも...何度でも...何度でも...)

You dress me up, I'm your puppet
You buy me things, I love it
You bring me food, I need it
You give me love, I feed it

あなたは僕におしゃれさせる、お気に召すまま
あなたは何でも買ってくれる、素敵だね
あなたはごちそうしてくれる、助かるよ
あなたは愛をくれる、僕はむさぼり食う

And look at the two of us in sympathy
With everything we see
I never want anything, it's easy
You buy whatever I need

僕たちを見て なんて似たもの同士の二人
欲しいものなんてない、だって簡単だもの
あなたが何でも買ってくれるから

But look at my hopes, look at my dreams
The currency we've spent
(Ooooh) I love you, oh, you pay my rent
(Ooooh) I love you, oh, you pay my rent

でも僕の望みを、僕の夢を見て
それから今まで使ったお金を
愛してる 家賃を払ってくれるあなたを
愛してる 家賃を払ってくれるあなたを

You phone me in the evening on hearsay
And bought me caviar
You took me to a restaurant off Broadway
To tell me who you are

あなたは夕方電話をかけてきて
僕にキャビアを買っただなんて言う
僕をオフ・ブロードウェイのレストランに連れだし
自分の正体を明かしてくれた

We never-ever argue, we never calculate
The currency we've spent
(Ooooh) I love you, oh, you pay my rent
(Ooooh) I love you, you pay my rent
(Ooooh) I love you, oh, you pay my rent

僕たちは一度だって喧嘩したことがない
使ったお金を計算したこともない
あなたを愛してる 家賃を払ってくれるから
あなたを愛してる 家賃を払ってくれるから

I'm your puppet
I love it

僕はただのお飾り
なんて素敵なんだ

And look at the two of us in sympathy
And sometimes ecstasy
Words mean so little, and money less
When you're lying next to me

僕たちを見て 共鳴する二人を
時には快感だって分かち合う
言葉も お金さえも 意味がない
あなたが僕のそばに横たわる時だけは

But look at my hopes, look at my dreams
The currency we've spent
(Ooooh) I love you, oh, you pay my rent
(Ooooh) I love you, you pay my rent
(Ooooh) Ooh, I love you, you pay my rent

でも僕の望みを、僕の夢を見て
それから今まで使ったお金を
愛してる 家賃を払ってくれるあなたを
愛してる 家賃を払ってくれるあなたを

Look at my hopes, look at my dreams
The currency we've spent
(Ooooh) I love you, oh, you pay my rent
(Ooooh) I love you, you pay my rent

僕の望みを、僕の夢を見て
それから今まで使ったお金を
愛してる 家賃を払ってくれるあなたを
愛してる 家賃を払ってくれるあなたを

Look at my hopes, look at my dreams
The currency we've spent
(Ooooh) I love you, oh, you pay my rent
(Ooooh) I love you, you pay my rent
(Ooooh) I love you, you pay my rent (It's easy, it's so easy)
(Ooooh) You pay my rent (It's easy, it's so easy)
(Ooooh) You pay my rent (It's easy, it's so easy)
(Ooooh) I love you (It's easy, it's so easy)

僕の望みを、僕の夢を見て
それから今まで使ったお金を
愛してる 家賃を払ってくれるあなたを
愛してる 家賃を払ってくれるあなたを

あなたを愛してる 家賃を払ってくれるから
あなたは家賃を払ってくれる(なんて簡単なんだ、とても簡単だね)
あなたは家賃を払ってくれる(なんて簡単なんだ、とても簡単だね)
あなたを愛してる(なんて簡単なんだ、とても簡単だね)
--------------

むー。すごい歌詞ですね。二人の関係がどんなものか、いろいろ想像してしまいます。初めて歌詞を読んだときに、「I love you, you pay my rent/あなたを愛してる 家賃を払ってくれるから」の部分に衝撃を受けましたが、今も聴くたび胸をぎゅうっと締め付けられます。で、3番の歌詞「Words mean so little, and money less When you're lying next to me/言葉も お金さえも 意味がないあなたが僕のそばに横たわる時だけは」の部分で一瞬ほっとするんですが、でもやっぱりお金に戻ってしまう。本当にそう思っているのか、強がりなのか。「I love you, you pay my rent」、とてもストレートだけど、切なさが伝わってきます。

さて、ここのデュオは最近ライブをやっているのですが、最新のライブ・レポによるとこの曲をとてもアッパーな感じで演奏しているそうです。ええっ、この曲でそんなことされたら、やっぱり…踊っちゃうじゃないの。。。もうせっかくですから、適度に踊ってこようと思います。ニール&クリス、お帰りなさい!明日は会いに行くからね!あ、『Acutually/アクチュアリー』はアルバムも名盤ですので、ぜひ聴いてみてくださいね。

itunes - Actually (Deluxe Version) ペット・ショップ・ボーイズ
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

"I Am the Ressurection" - The Stone Roses- [riek's playlist]

一つ前の記事「ベネディクト・カンバーバッチのお気に入りの10曲」の中に入っていた曲、ザ・ストーン・ローゼズの「アイ・アム・ザ・レザレクション」を紹介します。実は今度の金曜日、ザ・ストーン・ローゼズがソニックマニアというライブイベントに登場するので、記念に記事を書くことにしました。今やマンチェスターを代表するロックバンドの一つとなりましたが、1996年に解散して以来、再結成の可能性がとても低いバンドでした。それが2011年についに再結成しまして、イギリスでツアー後昨年来日。フジロックでトリを務めました。今年はソニックマニア(東京)とサマーソニック(大阪)に登場します。

私がこのバンドを好きになったときにはすでに解散していましたが、とにかくすべてが好きでした。いつかライブを観たいとずっと切望していたのですが、観る事ができたのはイアン・ブラウン(ボーカル)のソロと、ジョン・スクワイア(ギター)のソロだけ。ようやく今回4人そろったところを観る事ができるので、感激もひとしおです。先週からずっとアルバム(オリジナルアルバムはたった2枚ですが)を復習しているのですが、聴くだけで涙目になってしまって、当日の自分が心配…オールナイトのイベントなので、夜明けには灰になっているかもしれません。

すみません、自分語りが長くなりました。ではまずは音源をどうぞ。名曲の一つで、ライブでは異様に盛り上がる曲です。

The Stone Roses - I am the Resurrection


以下日本語訳(拙訳)です。

---------------------------
I Am the Resurrection by The Stone Roses

Down down, you bring me down
I hear you knocking at my door and i can't sleep at night
Your face, it has no place
No room for you inside my house i need to be alone

どんどんお前のせいでヘコむ
お前が俺んちのドアを叩くから 夜も眠れないんだ
お前の顔なんて見たくない
ここにはお前の場所はない、一人にしてくれ

Don't waste your words i don't need anything from you
I don't care where you've been or what you plan to do

何を言っても無駄なんだよ、もうお前なんか必要じゃない
おまえがどこへ行こうが 何をしようが どうでもいい

Turn turn, i wish you'd learn
There's a time and place for everything i've got to get it through
Cut loose, you're no use
I couldn't stand another second in your company

変われ、変われよ いい加減わかってくれ
なんにでも時と場所ってものがあるんだ 俺だって変わらなきゃ
お前なんかいらない、用済みなんだよ
これっぽっちでも お前につきあうなんてゴメンだぜ

Don't waste your words i don't need anything from you
I don't care where you've been or what you plan to do

何を言っても無駄なんだよ、お前には何も期待しない
おまえがどこへ行こうが 何をしようが どうでもいい

Stone me, why can't you see
You're a no-one nowhere washed up baby who'd look better dead

おい、何でわかんないんだ?
本当にお前なんてどうでもいいんだよ、死んでくれないか

Your tongue is far too long
I don't like the way it sucks and slurps upon my every word

しゃべりすぎなんだよ
いちいち俺の言葉につっかかるのがイヤなんだ

Don't waste your words i don't need anything from you
I don't care where you've been or what you plan to do

何を言っても無駄なんだよ、お前には何も期待しない
おまえがどこへ行こうが 何をしようが どうでもいい

I am the resurrection and i am the light
I couldn't ever bring myself to hate you as i'd like

俺は復活するんだ、俺は光なんだ
お前のことを以前のようには憎めない

I am the resurrection and i am the light
I couldn't ever bring myself to hate you as i'd like

俺は復活するんだ、俺は光なんだ
お前のことを以前のようには憎めない
-----------------------------

訳すのに久々にじっくり歌詞を読みましたが…すごい内容ですね(汗)でもこういうことって普段口には出せないですから、大声で歌うと気持ちいいんだろうなぁ。ライブで盛り上がるのも納得、というところでしょうか。そして相手をずっとなじりつつ、最後のフレーズでいきなり人が変わったような歌詞になっています(えーと…あなた神様ですか?)。その落差も不思議な魅力の一つです。

ああ、いよいよカウントダウンです。お帰りなさい、ようこそ日本へ。一晩一緒に踊り狂いましょう。

Stone Roses: 20th Anniversary Remastered Edition

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

"Englishman in New York" - Sting- [riek's playlist]

今回も少し涼しげな曲を。スティングの1987年のヒット曲、「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」を紹介します。アルバム『ナッシング・ライク・ザ・サン』に収録されています。ジャジーな味わいでとても耳に優しいですが、歌詞はなかなかに骨太です。ではまず音をPVと共にどうぞ。

Sting - Englishman In New York


どうですか、このころのスティングの美男ぶりと言ったら!この顔にこの声、たくさんの女性が虜になったことでしょう(私もそのうちの一人です)。ブランフォード・マルサリスのソプラノ・サックスも魅惑的です。以下拙訳ですが…コメントは後ほど。

-----------------------------
Englishman in New York  by Sting

I don't drink coffee I take tea my dear
I like my toast done on one side
And you can hear it in my accent when I talk
I'm an Englishman in New York

コーヒーは飲まない、紅茶をいただこう
トーストは片面焼きがいい
私のアクセントを聞けばわかるはず
私はニューヨークの英国人

See me walking down Fifth Avenue
A walking cane here at my side
I take it everywhere I walk
I'm an Englishman in New York

私が5番街を歩くのを見るといい
傍らのステッキに気づくはず
歩くときは常に持っている
私はニューヨークでも英国人だから

I'm an alien I'm a legal alien
I'm an Englishman in New York
I'm an alien I'm a legal alien
I'm an Englishman in New York

私は異邦人、法に触れない異邦人
私はニューヨークの英国人
私は異邦人、法に触れない異邦人
私はニューヨークの英国人

If, "Manners maketh man" as someone said
Then he's the hero of the day
It takes a man to suffer ignorance and smile
Be yourself no matter what they say

誰かが言うように「礼節が人を作る」ならば
彼はその日の英雄
無視され、冷笑されても
何を言われようが 自分自身でありなさい

I'm an alien I'm a legal alien
I'm an Englishman in New York
I'm an alien I'm a legal alien
I'm an Englishman in New York

私は異邦人、法に触れない異邦人
私はニューヨークの英国人
私は異邦人、法に触れない異邦人
私はニューヨークの英国人

Modesty, propriety can lead to notoriety
You could end up as the only one
Gentleness, sobriety are rare in this society
At night a candle's brighter than the sun

謙虚と礼節は悪名を高めるだけ
君は最後の一人になってしまうだろう
この社会に 優しさと真面目さは滅多に存在しない
夜になればろうそくの灯りが 日の光よりもまばゆい世界

Takes more than combat gear to make a man
Takes more than a license for a gun
Confront your enemies, avoid them when you can
A gentleman will walk but never run

一人前になりたいのなら 戦いなどやめなさい
銃のライセンスをとるのも やめなさい
敵と対峙するのも できるなら避けなさい
紳士は決して 走らないもの

If, "Manners maketh man" as someone said
Then he's the hero of the day
It takes a man to suffer ignorance and smile
Be yourself no matter what they say
Be yourself no matter what they say
Be yourself no matter what they say

誰かが言うように「礼節が人を作る」ならば
彼はその日の英雄
無視され、冷笑されても
何を言われようが 自分自身でありなさい
何を言われようが 自分自身でありなさい
何を言われようが 自分自身でありなさい

Be yourself no matter what they say
(I'm an alien I'm a legal alien)
Be yourself no matter what they say
(I'm an Englishman in New York)
Be yourself no matter what they say
(I'm an alien I'm a legal alien)
Be yourself no matter what they say
(I'm an Englishman in New York )
Be yourself no matter what they say
(I'm an alien I'm a legal alien)
Be yourself no matter what they say
(I'm an Englishman in New York )
Be yourself no matter what they say
(I'm an alien I'm a legal alien)
Be yourself no matter what they say
(I'm an Englishman in New York )

何を言われようが 自分自身でありなさい
(私は異邦人、法に触れない異邦人)
何を言われようが 自分自身でありなさい
(私はニューヨークの英国人)
何を言われようが 自分自身でありなさい
(私は異邦人、法に触れない異邦人)
何を言われようが 自分自身でありなさい
(私はニューヨークの英国人)
何を言われようが 自分自身でありなさい
(私は異邦人、法に触れない異邦人)
何を言われようが 自分自身でありなさい
(私はニューヨークの英国人)
何を言われようが 自分自身でありなさい
(私は異邦人、法に触れない異邦人)
何を言われようが 自分自身でありなさい
(私はニューヨークの英国人)
----------------------------------

初めて聴いたとき、"I'm an alien I'm a legal alien I'm an Englishman in New York"というフレーズがとても衝撃でした。自分の居場所がどうにも居心地が悪くても、この曲の「Be yourself no matter what they say/何を言われようが 自分自身でありなさい」というメッセージが支えてくれたような気がします。

このPVに、スティングと交互に70~80代の老女が映りますが、ネットで調べたところ、1908年生まれの英国人作家で俳優のQuentine Crisp(以下クウェンティン・クリスプ)だそうです。彼は同性愛・そして女装癖をカミングアウトした先駆者的人物で、当時NY在住だった彼に会ったスティングは、その生き方に感銘を受けてこの曲を書いたそうです。私はずっとスティングの実体験かと思っていたのですが、クェンティンのことを考えた時、この曲から受ける印象がガラリと変わりました。うっ、深い。

ところでPVではスティングは傘をずっと持っていますね。ドラマ『シャーロック』に出てくる「歩く英国政府さん」を思い出して、ほくそ笑んでいた私です。

itunes - 『ナッシング・ライク・ザ・サン』

ナッシング・ライク・ザ・サン(リンクをクリックするとアマゾンの商品紹介ページに飛びます)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"A Rose For Emily" - The Zombies [riek's playlist]

やっとMuse×Sherlockがひと段落したので、ちょっと息抜きを。自分が特に好きな曲を摂訳つきで紹介していきます。名づけて「riek's playlist」。暑い日が続いていますので、今回は涼しげな1曲を選んでみました。イギリスのロックバンドThe Zombiesの"A Rose For Emily"です。

The Zombiesというと”She's Not There"や”Time of the Season"などが有名ですが、この曲が収録されている「Odessey & Oracle」(1968年発売)はロック史に残る傑作と誉れ高いです(しかしこのバンド名は何とかならなかったのか…)。ではまず音源から。

A rose for Emily - The Zombies


以下拙訳です。【8/16加筆修正】1語聞き漏らしてた言葉をはめたら、かなり意味が違ってしまいました…すみません。

-----------------------------------------
A Rose for Emily by The Zombies

The summer is here at last
The sky is overcast
And no one brings a rose for Emily

She watches her flowers grow
While lovers come and go
To give each other roses from her tree
But not a rose for Emily

Emily (Emily), can't you see?
There's nothing you can do (See how the sun is shining again)
There's loving everywhere but none for you

Her roses are fading now
She keeps her pride somehow
That's all she has protecting her from pain

And as the years go by,
She will grow old and die
The roses in her garden fade away
Not one left for her grave
Not a rose for Emily

Emily (Emily), can't you see?
There's nothing you can do (See how the sun is shining again)
There's loving everywhere
But none for you

Her roses are fading now
She keeps her pride somehow
That's all she has protecting her from pain

And as the years go by,
She will grow old and die
The roses in her garden fade away
Not one left for her grave
Not a rose for Emily

ようやく訪れた夏
空が雲で陰っても
誰もエミリーに薔薇を届けはしない

彼女は花が咲くのをみつめるだけ
行き交う恋人たちは
彼女の木から薔薇を手折る
エミリーのためではなく、恋人のために

エミリー(エミリー エミリー) わからないのか?
君は無力なんだよ(また日が昇る様子をごらん)
見渡せば愛があふれているが、君には届かない

薔薇が色あせはじめても
彼女はやっとの思いでプライドを保つ
それが唯一 痛みから自分を守るすべ

やがて時がたてば
彼女は老い、死ぬだろう
庭の薔薇も枯れ
一輪とて 手向けられることはない
エミリーの墓には

エミリー (エミリー エミリー) わからないのか?
君は無力なんだよ(また日が昇る様子をごらん)
見渡せば愛があふれているが、君には届かない

薔薇が色あせはじめても
彼女はやっとの思いでプライドを保つ
それが唯一 痛みから自分を守るすべ

やがて時がたてば
彼女は老い、死ぬだろう
庭の薔薇も枯れ
一輪とて 手向けられることはない
エミリーの墓には
-----------------------------------------------

ピアノもボーカルもコーラスも言葉がないくらい美しいですね。でも歌の内容は悲しくて…。でも、そのまま1本映画が作れそうな、物語性のある歌詞が私は大好きです。涼しげなピアノに耳を傾けるのも、さびしい人生を送ったらしいエミリーに思いを馳せるのもいいかもしれません。

Odessey & Oracle(アマゾンの商品紹介ページに飛びます)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
riek's playlist ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。